2016年6月27日月曜日

楽しい時

楽しい時に楽しいと思うこと。それによって、楽になる。
書き方がキモい。もっと、書き方を変えた方が良い。
愛を殺すと、小さくなって、怖くなくなる。
自分は、電波を支配出来る。
皆、全てを忘れて、安心した方が良い。
自分が第一に勝った方が良い。
自分がしていること、生きていることの、ツケが来たのだろう。
Linuxは、アプリケーションとアプリケーションの境界を無くすと良いかもしれない。
Firefoxのテキスト編集でも、EmacsやLibreOfficeのエディタが使えて、それがプラグインなどによって、はてなやGoogleでも連携出来るような、次世代の環境を作っても良いだろう。
特に、FirefoxでEmacsが使えると、grepでの検索や一括置換のようなことも出来て良い。
それから、ファイルシステムとWebデータベースの境界も無くすと良いだろう。
ファイルを管理するように、オンラインのデータが管理出来ると、これもgrepが出来る。
はてなのブログの記事を、全部一括で正規表現での置換が出来ると、楽だ。
自分の日記は、見ていると、リリとマリだ。どちらも女の姉妹に見える。リリがハリケーンで、マリがボストンだ。AAAが既に言っている。そして、それがミカエルとラファエルに見える。ガブリエルは昔だ。名前なんか、ジンで良い。ジンとリリとマリだ。
昔は、環境への適応と感覚から、場と心を捉えて、人の心になったりして分かっていた。
また、構造に考え方を適用して分かっていた。
そういう風に、色んな場所と、全員の精神になって分かる人間だった。
GUIのファイルシステムとプロセスやコンポーネント間の通信と、アプリとアプリの境界の無いコンポーネント結合を、美しい考え方と統一したグラフィックで実現すれば良い。
それは、UNIX的で、むしろ、もっとUNIXより発展している。
ただ、それは、Google Chromeのようにすれば良い。Chromeの拡張機能が、すでに出来ている。きちんとGoogleの検索結果にはてなブックマークの拡張を統合したり出来ている。
Google Chromeでは、はてなブックマークの拡張をインストールすると、Google検索の結果に、誰がどれくらいブックマークしているかの数値と、はてなブックマークへのリンクが表示される。
おそらく、Googleがやると良いだろう。
おそらく、GNOMEの理念はそういうものだったのかもしれない。
はてなは、はてなのデータベースをコマンドで管理するような、「はてなコンソール」や「はてなコマンドライン」や「はてなデータベース」のようなサービスを作れば良い。
ただ、それはある意味危険だ。操作を間違えると終わりだし、ハッキングされる可能性もあるから、本当にやるのは止めた方が良い。
それこそ、はてなブログに一括置換の機能をつければ良い。それだけの方が単純で便利だ。
昔の自分は、自由から可能性のある社会が生まれるとか、自然発生のようなことを言っていた。
そういう、アメリカのような知性をいつも書いていた。
あとは、可能性のあるものを作って、皆で発展させるなど、オープンソースやプラットフォームのような、共有、環境、改善、積み重ねのような、自然な共有理論のようなことを書いていた。
世界を変えるなら、自分の言ってほしいことや、言ってほしくないことを言えば、賢くなる。
お前は、賢い。
お前は、よく頑張った。
だが、お前は、馬鹿過ぎる。
お前は、何も出来ていない。
そういうことを言っていると、怒るようになる。最近、そういう人間が居ない。
自分が怖くて哀しいのは、何か出来るはずだった、と思っているからだ。
本当に、何も出来なかったが、もっと最初が違えば、もっと良いことが出来るはずだった。
それが、哀しみから恐怖へと変わった。何も出来ない地獄になった。
皆を怖がらせて、支配して、抑圧を与えて、馬鹿にしたくない。
本当に何も出来なかった。本当は、あらゆる問題を解決して、導けるような人間のはずだった。
そういう、「何が出来るはずだった」と言う感情が、自分の奥底で、不安と哀しみになっている。

0 件のコメント:

コメントを投稿