2016年6月30日木曜日

理解

僕は、理解していない。色々と、理解すれば分かる。
ものごとは、場合によって違う。例えば、植物も、育つ環境によって違う。
そういう風に、場合を1つ1つ考えれば良い。
何もかも一般化して、いっしょくたにして、正当化するのは悪い。
心を捉えること。
自分がいま何を考えていて、どんな環境において自分がどうなるかを考える。
経験から、実感して、自然や世界のことを感情で考えられる。
環境から自由になることで、全ての環境と全ての活動や心を分かっていた。
職人や科学者のような発想をして、経験から全員のことが分かった。
全ての労働とは、そういう、全員の発想、経験、方法のことを言っている。
そこから、社会の可能性が分かった。それくらいの人間だった。
昔なんか、考え方しか分かっていない。それで認識から経験を考えていた。
風邪をひいた。風邪薬を飲んで、のど飴をなめている。
今から、NOVAに行く。農園にはすでに行った。
NOVAに行ってきた。
僕は英語を習っているが、英語より、日本語で考えた方が良い。
ただ、あるだけだ、と思うだけではなく、どのようにあるのか、何が出来るのか、を考えれば良い。
どういう風に考えれば、そうなるのかを考える。
自由な中で、自分に何が出来るのか、社会的に何が出来るのかを考える。
それがどのようになるのか、から、なぜそうなるのか、と言う理由を知る。
認識、ありえない社会の可能性、そして、社会の変貌を、経験と理性的概念で分かる。
哀しい戦いをした。
全て失って、無理難題を解決するために、地獄の中で世界を導いていた。
ただ、あれはそんなに辛くなかった。
恐怖と疲れと知性を失うことが辛かったが、あれはおかしい。
すぐに馬鹿を止めれば良いのに、まだ止められないで、いつまでも自分のせいで辛い。
そういう、今の方がはるかに辛い。そういうわけで、頑張った戦士がミカエルだ。
僕は、ミカエルだ。僕の中にあった、あらゆる記憶のピースを集めたものがミカエルだ。
英語は、Wh*/Howとともに、Do/Did、Are/Were、Can/Could、Haveを使う言語だ。
昔は、存在を証明して、同じ気持ちになって分かっていた。
英語は考え方から分かる言語だが、日本語は世界観から分かる言語だ。
森羅万象の考え方を成り立たせて考えていた。
同じ感情になって、全員がいつ何を知るかを分かった。
知り尽くして、全てを把握していた。
免疫をつければ治る。すでに分かったことや治したことを免疫にすれば良い。
自分は、治すせいで免疫が無くなっている。治すと、免疫が無くなるのが人間なのだろう。

0 件のコメント:

コメントを投稿