2016年7月6日水曜日

環境を変える

皆、環境を変えなさい。
学校のような、集団で属する環境ではなく、もっと自分のやりたいことが出来るような、自由な環境に移るのが良い。
経験しなさい。大人になりなさい。自由になりなさい。
色んなことを自由にすることで、経験し、成長し、世界の本当の姿、裏側から見た世界の姿を知ることが出来る。
それは、そのまま、経験によって、世界の全てを知ることが出来る。
高い大学に、そういう人間が多い。賢い人間は、そういう人間しか居ない。
環境が変わったら、環境を思い出しながら、色んな環境を実際に知るように努めること。
考え方を作りなさい。自分で考え方を作ることで、科学者のように分かる。
人生や社会の「自由になっていく段階」を考えていた。自由になっていく、と言う視点から、人生や社会の経験的な段階と成り立ちを考えていた。
昔の文章は、色んなことをするのを考えていた。
体感し、価値観を知り、考える機会を持ち、知や真理を知る。
そういう、「沢山のことを同時にし、世界を広げていく」のを考えていた。
一つのことしかしないのは悪くないが、沢山のことを同時にすることで出来ることもある。
最近は、一つのことしかしなくなったが、それは馬鹿になる。
むしろ、最近も最近で、賢いと思えば良い。これなら、天才になったように見える。
社会がどんな社会になっていくか、のようなことを、心と具体例とネットで、辿って、考えて、経験して分かっていた。
環境を実現出来る人間だった。
いくらでも自然な経験をしていた。引き篭もりの経験から、自然に成長し、出立して分かっていた。この世界をどのように見つめるべきか、そういうことを経験から分かっていた。
人間の活動から、この世界と対象のことを分かっていた。理性から、機械は人間の側にあるが、自然は人間の側に無いと考えていた。また、社会的な意思と可能性を考えていた。
自分は、まともになりたい。もっと本当にまともな人間になりたい。
「出来る」と言う視点から、環境と社会の可能性を理解していた。
世界は自然に変えられるべきだ。そういう、自由な思想を書いていた。

0 件のコメント:

コメントを投稿